村上の千年鮭 きっかわ

鮭をまるごと食べつくす

味わいつくす。食べつくす。
料理の数、百種以上。

鮭のイラスト
  • 背腸めふん【腎臓】

    背腸の塩辛、めふんは三大珍味のひとつと言われています。

  • 中骨どんがら

    骨まで柔らかく煮上げ、甘辛く煮付けたどんがら煮や塩味の中骨煮に。

  • 心臓どんびこ

    串に刺して塩焼きに。薄醤油味で煮付けても美味しく頂けます。

  • えらかげ

    油で揚げて、独特の歯触りがたのしいせんべいに。

  • 氷頭ひず

    頭の軟骨(氷頭)は、大根や人参と一緒に氷頭なますに。

  • 香ばしく揚げて皮せんべいに。酒びたしの皮は、炙って日本酒をかけて食べる珍味に。

  • はらこ

    はらこの醤油漬や味噌漬、粕漬に。鮭の飯寿司の具材に。

  • 白子

    焼いて身を〆て煮上げ、白子煮に。からすみ風の寒風干しに。新鮮な白子はお刺身も美味。

  • 胃袋なわた

    鮭の内臓をまとめて「なわた」と呼びます。塩辛(ちゅう)や、なわた汁に。

  • 肝臓なわた

    なわた汁や、薄甘味に煮て、まったりとした舌触りを楽しむおつまみに。