村上の千年鮭 きっかわ

千年鮭


鮭を慈しむこと、千年。
鮭を供すること、千年。

平安時代、
京の都に鮭を献上していたという
記録がのこる、新潟県 村上。
村上の人びとにとって鮭は
千年の昔から特別な魚でした。

鮭を慈しみ、鮭と共に生き、鮭を頂く。
その想いから、風土を生かした特別な製法と
種以上の料理法が、
今に伝えられてきました。

風に晒し、醸すのを待ち、一尾を活かしきる。
私たちは、先人から継いだ知恵と、
新しい工夫で鮭を磨き、
他にはない至高の味わいを
追求し続けてきました。

すべて、手作り。
すべて、無添加。
千年かけて醸した
至高の鮭の味わいを
お楽しみ下さい。