村上の千年鮭 きっかわ

お店について

町家の店舗

ノスタルジー漂う
きっかわの「町屋造り」

喜っ川は明治時代に建てられた
趣のある「町屋造り」の店舗で営業し、昔ながらの「座売り」をしています。
天井の梁に
鮭が千匹以上吊るされている光景は
訪れる観光客を圧倒します。


遠い昔に
思いを巡らせる町屋の世界

「茶の間」は
明治に造られたもので、
築120年になります。
店の奥にある「土蔵」は
江戸末期に建てられ、
現在は国の登録文化財に
指定されています。

観光カリスマ吉川真嗣【町屋の外観再生プロジェクト】

黒塀通にある
大正浪漫漂う
「浪漫亭」

黒塀通りには
城下町の風情漂う
歴史的な建物が
多く集まっています。
そこに建つ国登録文化財の
浪漫亭は、
取り壊しの危機にあったものを
きっかわが買い取り
個人住宅として使用しています。

観光カリスマ吉川真嗣【町屋の公開~浪漫亭のご紹介】