村上の千年鮭 きっかわ

きっかわについて

ごあいさつ

【写真】吉川真嗣(しんじ)

代表取締役社長

吉川真嗣きっかわしんじ

村上の鮭料理には千年の歴史があり、百種類もの鮭料理が今に伝えられています。この村上の鮭料理の心とは、鮭のいのちを尊び、内臓、骨、頭、皮、そしてエラに至るまで全て大切に頂く「鮭への慈しみ」そのものです。

一方で、私共きっかわは、代々、防腐剤などの添加物、化学調味料はもちろん、酵母エキスなど安易なものを使わず、一からダシを取り天然素材で手間暇かけて作る手づくりを守り、発酵や熟成により時間をかけて生み出される日本の古来の食の素晴らしさを貫いて参りました。

15代目を拝命しました私は、この二つを揺るがぬ基盤とした上で、一つは伝統の鮭料理に更に磨きをかけ、一方では伝統の枠を超えた新しい製品づくりを行い、新時代を切り拓いて参りたいと考えています。平成27年11月11日(鮭の日)には洋風鮭料理のブランド Madamマダム Kikkawaキッカワを立ち上げ、平成28年の鮭の日に店名をこれまでの「味匠 喜っ川」から、「千年鮭 きっかわ」に改めましたのは、15代目を受け継ぐ私の決意です。

類い稀なる鮭の食文化とそれを生み出す風土、先祖が育み残してくれた良き精神、そして鮭のいのちに感謝して、更にお客様に喜んで頂けますよう最上のものづくりに精進して参ります。末永いご愛顧をよろしくお願い致します。

【写真】吉川哲鮭(てっしょう)

代表取締役会長

吉川哲鮭きっかわてっしょう

百種類もある村上の鮭料理は、鮭を慈しむ心から生まれ、親から子、そして孫へと代々受け継がれてきた家庭の味です。
しかし戦後、化学調味料やインスタントの食品が台頭し始めると、時代遅れと嫌われ家庭から鮭料理が消えていきました。
今でこそ様々な企業が鮭製品を作っていますが、鮭の食文化を絶やすなと、まだ誰にも見向きもされない時代から、村上で初めて鮭料理を製品化し、販売してきたのがきっかわです。

戦後、化学調味料や防腐剤などの添加物を一切使用せず、手作りにこだわる姿は世間から「時代遅れ」と笑われ、毎日が苦労の連続でした。その中で、天然素材の無添加を貫く私共のものづくりの姿勢が徐々に評判になり、高い評価を受けるようになったのは誠に嬉しいことです。

鮭の食文化は村上の誇り、百種類もの鮭料理は祖先からの大切な預かりものです。「伝承とは久遠の生命の継承であり、悠久の歴史と文化を今に花咲かせることである」との信念で、世界で唯一無二の村上の鮭文化を誇り高く継承し、本物のものづくりに精進して参ります。

合掌

【写真】社長:吉川真嗣、会長:吉川 哲鮏
社長 : 吉川真嗣
会長 : 吉川 哲鮏